ベストな脱毛の期間と間隔。毛周期と脱毛効果の関係を徹底解説

トピックス

脱毛の効果が高い時期?

すね毛や毛、vio等のムダ毛に悩まされているのであれば、カミソリで処理をするよりも、脱毛サロンでプロの脱毛施術を受けたほうが手間もかかりませんし、良い仕上がりを期待できます。でも、施術をするのはいつでも同じ、というわけではなく効果が高い時期とあまり効果を感じられない時期があります。

脱毛のための毛周期とは

成長初期

なぜ、そのような違いが出てくるのかというと、毛が生え変わる毛周期のためです。これは髪の毛も含めて全身におけるそれぞれの部位の毛で行われているのですが、大きく分けて4つの段階を経て生えては抜けるという周期が行われています。最初は「成長初期」です。髪の毛を生み出す毛母細胞は、毛乳頭を通じて血管が運んだ栄養・酸素を受け取って細胞分裂を始めます。

成長期

次に「成長期」になると、細胞分裂は活発になり毛は太く強いものになります。このころになると長さも出てきて毛穴から毛が皮膚の上に出てきて視認することができます。

退行期

そこから「退行期」に入ります。成長期を経て十分に毛が成長したら、毛球という毛母細胞と毛乳頭がある丸い玉のような部分が縮小していきます。縮小してくると毛母細胞は細胞分裂をやめて成長が止まります。また毛母細胞と毛乳頭の距離も離れていき、皮膚の下にある部分つまり毛根は切り離される準備が始まります。小さくなった毛球からは新たな毛が生え始めて、古い毛根は上へと押し上げられていきます。このとき、ちょっとした刺激を与えると簡単に、古い毛は抜けます。

休止期

退行期を経たら自然に抜け落ちる「休止期」となり毛母細胞は休止状態になります。完全に分離した古い毛は自然に抜け落ちて次の毛が生まれる準備期間へと突入します。そして一定期間が経つとまた「成長期」が始まり毛周期は繰り返されていくのです。

毛周期とは「成長初期→成長後期→退行期→休止期」の4段階サイクルを繰り返す、毛の生え変わる周期を指します。

引っ張ってもいないのに、髪の毛やまつげが自然と抜け落ちるのは、成長期を終えた毛が休止に入るためです。

上記の情報だけでは毛周期と脱毛は無関係のように思えますが、実は医療レーザー脱毛が反応するのは成長期の毛だけ。退行期・休止期の毛には「ほぼ無反応=効果が無い」ので、毛周期を無視して脱毛は行えないのです。

引用元:脱毛の考え方|広尾プライム皮膚科

脱毛の施術は成長初期がベスト

このように体のあちこちで毛は古いものから新しいものへと生まれ変わっているわけですが、脱毛をするのにすでに抜け落ちる準備が出来ている「退行期」「休止期」に施術をしたところで大した効果が出てこず、再び毛が生えてくるだけです。やるならば、成長している最中がベストであり、メラニン色素を多く含んでいる成長初期あるいは成長期がベストタイミングです。

複数回の施術で脱毛効果を高める

ただ、すべての毛が同じタイミングで生え変わるわけではありません。それぞれの部位により毛周期は違いますから、1回だけ施術をしたところで期待通りの結果を得られるわけではないんです。一般的に全体のムダ毛で皮膚の表面から出ている成長期の毛は20%といわれています。つまり8割は皮膚の下で静かに眠る「休止期」になっているか、もう抜け落ちる「退行期」に差し掛かっているわけです。

ですから、1回の施術で脱毛ができたところで、しばらくすれば休止期から成長期になった毛が生えるのでまたムダ毛に悩まされることになります。そういうこともあって、脱毛サロンでは数ヶ月に1度の頻度で施術を行い、脱毛効果を高めていくのです。

部位別の毛周期の見分け方

なお、部位により毛の毛周期のタイミングだけでなく、間隔も異なります。見分け方の指標としては、成長期から退行期までの過程を見ていくと、顔であれば半年から1年間で成長期となる期間は1ヶ月から2ヶ月程度、脇では1年から2年半のサイクルで成長期は4ヶ月から5ヶ月です。このことを踏まえて、施術をするペースを決めていかなければいけません。

毛は【休止期】⇒【成長前期】⇒【成長後期】⇒【退行期】で生え変わりを繰り返しています。このうちレーザーを照射して脱毛効果があるのは全体の約20%だけ。成長期にいまちょうど来ている毛にしか効果がありません。1カ月しかサイクルをあけないと、成長期にある本数が少なく、照射の多くが「無駄打ち」になってしまう可能性が高まります。前回の施術の際、休止期だった毛を1本でも多く成長期に育てた段階で効果的に脱毛したいなら、やはり2カ月は間をあけることをおすすめします。

引用元:毛一本一本の毛周期が違うなら1カ月おきに照射したほうが短期間で脱毛完了すると思うのですが‥

サロンや医療脱毛なら自己処理は控えよう

サロンや医療脱毛なら毛周期は関係ないということはなく、毛周期を考えて脱毛サロンに通う必要があり、その際自己処理はしないようにしましょう。施術を受けても完全にきれいな肌になっていないかもしれませんが、だからといってピンセットを使って自己処理をしてしまうと毛乳頭は次の毛を生やそうとして細胞分裂を始めてしまいます。そうなるとせっかくの医療脱毛の施術の効果が薄れてしまい、費用をかけて行うことが無駄になることもあります。あと生理不順などでも毛周期の乱れは起きるので体調を万全にすることも大切です。

トピックス
スポンサーリンク
脱毛のおすすめランキング
銀座カラー

全国19都道府県に52店舗のサロンがある「銀座カラー」は、わかりやすい料金プランとコースを備えている脱毛サロンで、スタッフがお客様の毛質や肌質に合わせたプランを提案してくれてオーダメイドな脱毛が受けられます。
「通いやすい」「予約の取れやすさ」脱毛完了までの期間の早さや、脱毛専用の個室など適さを追求しています。シェービング料金や当日キャンセル料金も無料なので安心です。

東京脱毛(TDC)クリニック

TDC(東京脱毛クリニック)は、2020年7月にオープンした脱毛専門クリニックです。TDCでは「蓄熱式ダイオードレーザー」「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「YAG(ヤグ)レーザー」の4種類の医療用レーザー脱毛機を導入しています。質の高いサービスを提供し、「予約が取れる」「業界最安値」「脱毛完了が早い」を目指して、完全予約制と個室の多さが特徴です。

リアラクリニック

リアラクリニックは、名古屋に2院、池袋と新宿に3院あるクリニックです。良心的なお値段と行き届いたサービスが魅力的です。スピーディーに脱毛できる脱毛機で施術時間を短縮し、オンラインカウンセリングも行っています。完全個室でプライバシーに配慮し経験豊富な看護師が医師の指示のもと施術してくれます。

梅田ビューティークリニック

梅田ビューティクリニックは西梅田・北新地駅から徒歩2分のアクセスの便利で、21時まで診療しているのでお仕事帰りも通えます。脱毛によるお肌のトラブルが起こりにくく、アジア人の肌質に合った脱毛機とオリジナル脱毛機で痛みが少なくスピーディーな脱毛治療を提供してくれます。全身脱毛が1回45分で受けられるのも特徴です。

カルミア美肌クリニック

カルミア美肌クリニックは広島の脱毛に力を入れている美容クリニックです。広島に1院のみの人気クリニックなので予約は取りにくいようですが、平日であれば比較的予約は取りやすいかもしれません。院内の高級感ある落ちついた雰囲気で駐車場もあります。スタッフさんの対応も丁寧で安心して通えます。

エムビューティークリニック

エムビューティークリニックは、都内最安で脱毛施術が受けられる美容皮膚科クリニックです。エムビューティークリニックの「メディオスターNeXT PRO」は肌にやさしく痛みが少ないのが特徴で、日焼け肌や色黒の方でも安心して施術を受けられます。施術時間も従来のマシンより早く、1回の施術が約60分で完了します。

アイエスクリニック

アイエスクリニックは銀座と新宿、梅田にある美容皮膚科クリニックです。ジェントルマックスプロとメディオスターNeXT PRO、複数の医療レーザー脱毛器で異なる肌色や肌質、毛質に合わせた施術が可能です。新宿院は平日21時まで、銀座院、梅田院は平日20時まで営業しているので、通勤・通学帰りに通うことも可能です。

ディオーネ

ディオーネ(Dione)は敏感肌専門脱毛サロンとして大阪・東京を中心に全国に120店舗展開している脱毛サロンです。ほぼ痛みを感じないハイパースキン脱毛(毛根を38℃程度の光で発毛因子にアプローチする方法)で、「痛い・熱い・刺激が強い」をクリアし敏感肌の人や毛の悩みを持つ人にも安心した脱毛を提供しています。,

脱毛マニュアル広場
タイトルとURLをコピーしました