自己処理脱毛のデメリット

トピックス

自己処理脱毛で肌トラブル・乾燥・色素沈着の原因に!?

肌を綺麗に維持する為にも、普段から自宅でムダ毛の処理をきちんと済ませているという方は多いです。特に夏の季節は肌の露出が多くなりますし、肌の露出が多い服装が多くなるので、肌を安心して露出する為にも毎日自己処理を行っているという女性は少なくありません。

一般的に手軽にお手入れが行えるお手入れ方法といえば、市販されている女性用のカミソリや電動シェーバーを利用して除毛を行う方法です。気になる部位をササッと処理することが出来るメリットがあるので、急いで処理を行いたい場合や、バスタイムのついでとしてケアを行う方も増えています。

脱毛クリームは気軽に脱毛ができると注目されていますが、表面に見えているムダ毛を薬品で溶かして処理する方法です。表面のムダ毛だけでなく、肌も溶かしてしまうので、肌が弱い方は赤みや痒みなどの肌トラブルを起こすことがあります。
家庭用脱毛器の機械の種類によっては、ムダ毛をひっかけて引き抜く方法で処理するものもあります。ムダ毛を根元から抜き取る方法であり、一度に広い範囲を処理できますが、毛穴への負担も大きく、赤みや毛嚢炎などの炎症を起こしてしまうことがあります。

引用元:脱毛の自己処理のデメリット

しかし、除毛は毛穴から生えている部分のムダ毛しか処理することが出来ないので、どうしても時間が経つと処理したムダ毛が伸びて、チクチクとした嫌な肌触りになってしまいます。夏の時期は特に毎日自己処理を行う必要があるので、繰り返しケアを行うことで肌に負担がかかりやすくなり、肌の乾燥や色素沈着などの肌トラブルが起こりやすくなってしまいますので注意が必要です。

脱毛するなら自己処理よりも医療脱毛がおすすめ

このような肌トラブルから、大切な肌を守る為にもお手入れ頻度を減らす方法として、脱毛ケアを取り入れる女性が増えてきている傾向にあります。今まで脱毛というと市販のワックスシートを利用するか、家庭用美容機器を利用する必要がありました。しかしどちらもケアが行える体の部位が限定されてしまい、全身のお手入れをスピーディーに済ませることが出来ないことや、施術の際に強い痛みが伴ってしまうデメリットがありました。

そこで近年注目されているのが、エステサロンや医療機関を利用して行うお手入れ方法です。この2つは独自の美容マシンを導入しており、肌への負担を最小限にする為にも事前にはカウンセリングを行い、肌質や毛質などをきちんと把握した上で、プロのエステティシャンや医療従事者が施術を行います。
市販されている家庭用の美容機器に比べて、高い脱毛効果の高いマシンを導入しているので、全身のお手入れをスピーディーに処理することが出来るようになっています。

脱毛前に気をつけること

体調不良時の脱毛施術は要注意

最近では施術が難しいとされていたVIOラインや、顔のお手入れも安全にケアすることが出来るようになっているので、自分で行う自己処理は面倒だと感じる幅広い世代の女性が、施術を受けるようになっているのです。ただ実際に施術を受ける上で注意事項となるのが、肌のコンディションが良い時にケアを受けることが必要不可欠ということです。

特に生理前後の時期は、女性の体はホルモンバランスの関係で肌が外部からの刺激に弱い状態になりやすいです。通常は特に強い痛みを感じない施術であっても、ホルモンバランスが安定しない時期にケアを受けてしまうと、強い痛みが伴ってしまう可能性があります。

医療脱毛は肌コンディションを優先

特に医療機関で行われている医療レーザー脱毛は、エステサロンでお手入れを受けるよりも照射威力が高い特徴を持っています。そのため皮膚がデリケートな部位であるVIOラインや顔、両脇などの部分の処理を行う場合、普段以上に強い痛みが伴う可能性があるので、ケアを受ける際には肌のコンディションを考慮してケアを受けるようにしましょう。

また、注意点としてVIO脱毛を行う際には、前日までに事前処理が必要となります。当日の事前処理はなるべく避け、肌コンディションを考慮しつつ施術日程を決めることがとても重要です。どのくらい長さに事前処理が必要なのか等、注意点もしっかり確認しておきましょう。

VIOのなかでもVラインは、デザイン照射をするのかハイジニーナにするのかによって自己処理方法が変わってきます。
デザイン照射 … 2~3回の全剃りを経て、デザインに合わせた剃毛をする
ハイジニーナ … 毎回すべての毛を剃る
デザイン照射の場合でも、全体の毛量を減らすために最初の2~3回はすべての毛を剃ります。こうすることで毛が全体的に細く柔らかくなるのです。

引用元:脱毛に行く前の自己処理まとめ!何日前に剃る?処理方法は?|脱毛研究室ポストセブンlab.

生理時のVIO脱毛はNG

生理になってしまった場合、エステサロンや医療クリニックでは施術を受けることが出来なくなる場合と、一部の部位を避けることで他の部位はケアが受けられるといった特徴を持っています。特にVIOラインの脱毛処理はほぼ無理になるので生理期間に予約を入れないように、普段から体調管理を行うことが必要不可欠です。

エステサロンや医療機関の脱毛ケアは、肌への負担を最小限に抑えることが出来ますが、やはり脱毛前はもちろん、脱毛施術後は肌が乾燥しやすくなります。そのため自宅に帰ってからは保湿ケアを念入りに行うようにしましょう。

トピックス
スポンサーリンク
脱毛のおすすめランキング
銀座カラー

全国19都道府県に52店舗のサロンがある「銀座カラー」は、わかりやすい料金プランとコースを備えている脱毛サロンで、スタッフがお客様の毛質や肌質に合わせたプランを提案してくれてオーダメイドな脱毛が受けられます。
「通いやすい」「予約の取れやすさ」脱毛完了までの期間の早さや、脱毛専用の個室など適さを追求しています。シェービング料金や当日キャンセル料金も無料なので安心です。

東京脱毛(TDC)クリニック

TDC(東京脱毛クリニック)は、2020年7月にオープンした脱毛専門クリニックです。TDCでは「蓄熱式ダイオードレーザー」「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「YAG(ヤグ)レーザー」の4種類の医療用レーザー脱毛機を導入しています。質の高いサービスを提供し、「予約が取れる」「業界最安値」「脱毛完了が早い」を目指して、完全予約制と個室の多さが特徴です。

リアラクリニック

リアラクリニックは、名古屋に2院、池袋と新宿に3院あるクリニックです。良心的なお値段と行き届いたサービスが魅力的です。スピーディーに脱毛できる脱毛機で施術時間を短縮し、オンラインカウンセリングも行っています。完全個室でプライバシーに配慮し経験豊富な看護師が医師の指示のもと施術してくれます。

梅田ビューティークリニック

梅田ビューティクリニックは西梅田・北新地駅から徒歩2分のアクセスの便利で、21時まで診療しているのでお仕事帰りも通えます。脱毛によるお肌のトラブルが起こりにくく、アジア人の肌質に合った脱毛機とオリジナル脱毛機で痛みが少なくスピーディーな脱毛治療を提供してくれます。全身脱毛が1回45分で受けられるのも特徴です。

カルミア美肌クリニック

カルミア美肌クリニックは広島の脱毛に力を入れている美容クリニックです。広島に1院のみの人気クリニックなので予約は取りにくいようですが、平日であれば比較的予約は取りやすいかもしれません。院内の高級感ある落ちついた雰囲気で駐車場もあります。スタッフさんの対応も丁寧で安心して通えます。

エムビューティークリニック

エムビューティークリニックは、都内最安で脱毛施術が受けられる美容皮膚科クリニックです。エムビューティークリニックの「メディオスターNeXT PRO」は肌にやさしく痛みが少ないのが特徴で、日焼け肌や色黒の方でも安心して施術を受けられます。施術時間も従来のマシンより早く、1回の施術が約60分で完了します。

アイエスクリニック

アイエスクリニックは銀座と新宿、梅田にある美容皮膚科クリニックです。ジェントルマックスプロとメディオスターNeXT PRO、複数の医療レーザー脱毛器で異なる肌色や肌質、毛質に合わせた施術が可能です。新宿院は平日21時まで、銀座院、梅田院は平日20時まで営業しているので、通勤・通学帰りに通うことも可能です。

ディオーネ

ディオーネ(Dione)は敏感肌専門脱毛サロンとして大阪・東京を中心に全国に120店舗展開している脱毛サロンです。ほぼ痛みを感じないハイパースキン脱毛(毛根を38℃程度の光で発毛因子にアプローチする方法)で、「痛い・熱い・刺激が強い」をクリアし敏感肌の人や毛の悩みを持つ人にも安心した脱毛を提供しています。,

脱毛マニュアル広場
タイトルとURLをコピーしました