脱毛マニュアル広場

   

顔脱毛の施術前後の化粧について

近年では当たり前のようにサロンやクリニックで脱毛の施術を受ける人が増えてきていますが、その中でも人気を上げているのが顔です。顔の脱毛を行えば化粧のノリも良くなり、素肌が明るくなったように見えるので、女子にとっては非常に人気といえます。しかし施術を受ける前や終わった後は化粧しても大丈夫なのかと気になる人も多いことでしょう。
まず第一に顔脱毛の施術を受ける前の化粧についてです。例えば仕事帰りに通う場合や、すっぴんで外出したくないという人も多いことから、メイクをしても大丈夫なのかどうかと気になる人も多いことでしょう。結論から言うと特にメイクをしていても問題はありません。しかし施術を受ける前に落とさなければならないことは覚えておきましょう。なぜ落とさなければならないのかというと、施術を受ける際にメイクでコーティングされたままの肌の場合には、うまく照射することができずに効果が得られなくなってしまうからです。サロンにはメイク落としやクレンジングなどがおかれているので自由に使うことができますが、自分が使い慣れているものを持ち込むことも可能です。できることならば当日は軽めにメイクをしておいた方がよいかもしれません。日焼け止めだけを塗っていたとしても、もちろん施術を受ける前には落とさなければなりません。クリームタイプのものを使うと、毛穴の奥にまで入りやすくなっているので、その日だけでもスプレーやジェルなどの落ちやすいタイプを使うことをお勧めします。
基本的にはどのようなサロンであっても、メイクをして施術を受けに行っても問題はありません。まゆ毛やあご、鼻下などの部分的な施術を受ける人も多いかと思いますが、部分的なものの場合には、施術する部分だけのメイクを落とせばよいだけです。サロンによっても異なりますが、スタッフが残った毛を処理してクレンジングを行ってくれるところもあれば、自分でメイクを落としてから施術を受けるところもあります。またアイメイクについてはできることならば落としたくないという人が多いかもしれませんが、本来目元は照射することができないため、アイメイクは落とす必要はありません。そもそもなぜ施術を受ける前にメイクを落とさなければならないのかというと、それは汚れが機器についてしまいうまく照射することができないためです。また肌がメイクでコーティングされている状態であれば、照射がうまく当たらないことも理由とされています。この二つによって本来得られるはずの効果が半減してしまうのはもったいないことです。
施術前にはメイク落とすことになりますが、ばっちりと濃いメイクをしている場合には、落とすのに時間がかかってしまいます。施術する部分だけのメイクを落として、施術が終わって帰るようになった場合には、部分的に濃いメイクの状態で帰らなければならなくなってしまいます。できる限り当日は薄めのメイクにするなどの工夫を行う必要があります。基本的にアイメイクは落とさなくてもよいとしているサロンが多く見られます。目の周辺は施術をすることができないため、メイクをしていても問題ありません。しかしすっぴんでなければ施術が受けられないとしているサロンもあるので、事前に確認しておく必要があります。日焼け止めは当日に日焼けをすると脱毛ができなくなってしまうし、紫外線が気になるところです。スプレーやジェルなどの日焼け止めであれば問題ありませんが、ウォータープルーフタイプやクリームタイプの日焼け止めを使った場合には、毛穴につまってふき取ることが難しくなるため、やめておいた方がよいでしょう。
そして気になるのが脱毛が終了した後のメイクについてです。基本的には終わった後にメイクをすることは可能ですが、照射後の肌は敏感でダメージを受けている状態なので、軽めのメイクやすっぴんで帰ることをお勧めします。

クリニック , サロン , 日焼け対策 , 顔脱毛