脱毛マニュアル広場

   

脱毛機器による効果の違い

サロンやクリニックで本格的な脱毛施術を受けたい、そんな場合にはまず施術方法の違いや機器について知っておく必要があるでしょう。サロンとクリニックでは施術に使用する機器に違いがあり、脱毛効果にも大きな差があるといわれています。
クリニックには医師が在籍しているため、サロンよりも強いパワーを持つレーザー機が導入されているのです。強い効果をもたらすレーザーは、それだけ取扱いが難しくなります。肌の診察を行った後に注意深く施術を始めたとしても、体質や肌質によってはトラブルが生じることがあるかもしれません。医師が在籍しているクリニックなら、万が一肌に強い痛みなどが生じた場合にも、すぐに的確な医療処置を行うことができます。こうした理由から、クリニックにだけ強い効果を持つレーザー機の導入が許可されているのです。
サロンには医師免許を持つ人が在籍していないため、クリニックよりもややパワーを落とした機器が導入されています。効果の点ではクリニックに劣りますが、作用が穏やかなため肌に優しいのが魅力です。アフターケアが充実しているため、快適に通えるというのもサロンの良い点でしょう。
永久脱毛が可能なのは、基本的にクリニックの施術のみだといわれています。永久にムダ毛が生えてこないようにするためには、毛根そのものを破壊することが必要です。毛根を破壊する施術は医療行為となるため、サロンでは行うことができない、ということになります。
ではサロンの施術には効果がないのかというと、そうではありません。毛根を破壊することはできませんが、しっかりとダメージを与えることによって毛の再生力を低下させることができるのです。
効果の差は、そのまま施術回数にも反映されます。強い効果をもたらす施術なら、少ない回数で全身のムダ毛を処置していくことも可能です。ただしムダ毛には生え変わりの周期があるため、間を空けて一定期間ごとに施術を受ける必要があります。サロンの施術は効果がソフトなため、クリニックよりも多めに通わなくてはなりません。そのかわり、サロンはキャンペーンや割引制度を用意して、低コストに施術が受けられるようサービスしています。
サロンによっても使用する機器に違いがあり、効果や特徴などが異なっています。大手サロンの場合、脱毛機メーカーと提携し開発段階から関わっていることも珍しくありません。日本人女性の向けに開発された特別な脱毛機を導入しているサロンもあります。
最新の施術方法に、バルジ脱毛というものがあります。この方法は毛根ではなく、皮脂腺の下に存在しているバルジ領域という部分にダメージを与えるのが特徴です。毛根を処置する施術とは異なり、比較的弱い低出力なレーザーでも効果をもたらすことができるとされています。この方法で施術を行う場合、サロンとクリニックで効果に差はないかもしれません。
通常の施術ではレーザーによって毛根に200度程度の熱を加えることになります。しかしバルジ領域をターゲットとする場合、その温度は60度程度といわれているのです。このため一般的なレーザー機ではなく、蓄熱式の機器を用いる必要があります。比較的新しい方法ですので、まだこの施術に対応していないサロンやクリニックも多い傾向です。
これから施術を受けるなら、どんな機器を用いているのか、そしてどういった形でムダ毛にアプローチをするのか、といった部分に注目をしてサロンやクリニックを比較してみましょう。気軽にカウンセリングへ行き、施術内容について詳しく聞いてみるのもおすすめです。効果や肌の影響について確認した上で、自分の希望に一番合う施術方式を選びましょう。

カウンセリング , クリニック , サロン , バルジ脱毛 , レーザー脱毛 , 永久脱毛 , 痛み , 脱毛機器