ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

脱毛前後には予防接種を避ける

最終更新日

脱毛をする時には、基本的に毛周期に合わせて行うのがいいとされていますが、この周期に合わせるためには予防接種の時期も考えるようにしなくてはなりません。
多くの脱毛サロンでは、予防接種前後の施術を避けるようにされていますが、なぜ避けなくてはならないのでしょうか。
大人になると予防接種を受ける機会も減ってきますが、毎年インフルエンザが流行する時期になると接種をしている人も多いはずです。
11月の初めごろから接種をする人が多いですが、脱毛の施術時期を避けて摂取するようにしなくてはなりません。
なぜ避けなくてはならないかというと、予防接種を受ける事によって、肌の状態が変化してしまうことが多いからです。
予防接種を受けたことによって、副作用によって体調の変化が表れやすくなる為、普段通りの体調という状態にはならず、個人差はあるものの何らかの変調が現れることが多いでしょう。
その副作用によって、体調不良が起きてしまうこともありますので、無理をして施術を受けるべきではないからです。
普段から体調が悪い時には施術は避けたほうがいいとされていますので、副作用によって体調に変化が出た時にも同様に考えなくてはなりません。
少しくらい体調が悪いだけでは、自分ではその変化に気付かないこともありますが、それでも肌は敏感な状態になっていることがあります。
肌が敏感になっている時に施術を受けてしまうと、その刺激によって肌荒れを起こす可能性があるでしょう。
痒みが出てしまったり、痛みが出てしまうのは肌にとっていいことではありませんので、避けたほうがいいということになります。
施術を受ける前には、自己処理をしてからいくようにしなくてはなりませんが、その際に使用するカミソリなどでも肌を傷つけてしまうこともあり危険です。
目に見えないほどの傷が肌についた状態で施術を受ければ、さらに肌を傷める事になり、強い痛みを感じてしまうかもしれません。
肌にとっても良くない事だけではなく、辛い思いをするのは自分ですので時期をずらすようにした方がいいでしょう。
予防接種を受ける時期をずらすのであれば、脱毛の施術の前後どのくらい避けるようにすればいいのでしょうか。
出来れば日数があけばあくほどいいですが、最低でも10日間から2種間くらいは開けるのがベストです。
肌が弱い人の場合は、さらに間をあけるようにした方が安心出来ますので、サロン側が大丈夫といっても、自分の判断でさらに間をあけるようにした方が安心です。
そのくらいの期間開けて予約をするようにしなくてはなりませんので、都合のいい日を選んで予約をする必要があります。
サロン側に黙っていれば問題はないだろうと思って施術を受けた場合でも、何の問題もなく受けられる場合もありますが、前回大丈夫だったからといっても、次回も大丈夫というわけではありません。
必ずしも接種をした前後に施術を受けた場合に、肌に影響が現れるとは限りませんが、その時の体調によるところもありますので、隠して受ければいいというものでもないからです。
予約の都合上どうしても接種前後になってしまう場合には、施術を少しずらすようにして無理をしないようにしましょう。
時期が重ならないようにためには、先に接種の予約を取るようにし、それから脱毛の予約を取らなくてはなりません。
先に脱毛の予約をしてしまうと、接種時期を逃してしまうことになってもいけませんので、順番を間違えないように気を付ける事です。
インフルエンザの予防をするためには、接種時期が遅くなりすぎではいけません。
インフルエンザ予防と肌を守る為の最善の日にちを選ぶようにし、自分で自分を守るようにしましょう。

サロン , 予防接種 , 体調不良 , 肌トラブル