脱毛マニュアル広場

   

脱毛をする時には毛の長さを調節する必要がある

綺麗な脱毛処理をしたいと考えている時には、体毛の状態をきちんと考慮して処理を進めていかなくてはいけません。これは特に専門的な処理を行う時にいえます。基本的に、自己処理だけを行うのであるのならば体毛の長さなどは気にしなくても全く問題ありません。むしろ、体毛の長さよりも体毛の周期を気にした方が良いといえます。体毛の周期は長期的に流れていますので、この期間に従った処理を行っていかないと、効率的で綺麗な処理を実施することができなくなります。しかも、この期間というのは非常に長いので、周期を確実に捉えていかないと無駄なダメージを肌に与えてしまうことになります。ですから、体毛の長さよりかは周期を気にした方がいいわけです。現実的にも、脱毛処理の方法に関してはいくつかの方法に分かれています。どのような方法を利用するかによって、体毛の長さを調整しなくてはいけませんのでこの点は注意をしなくてはいけません。例えば、ワックスなどを利用して処理をしたいと考えている時には、ある程度の長さが存在していないと処理することができないわけです。全ての場合で同じような対応をとれば良いというわけではないので、この点を誤解しないように気を付けておくことです。この場合には、長さを調整しなくてもワックスを直接的に塗布していけばいいので問題はありません。では、具体的に長さを調整したほうが良いケースというのはどのような場合なのでしょうか。これは、光やレーザーといった手段を使っていく時です。このときには、体毛の長さをなるべく短くする必要があるということを知っておく必要があります。光やレーザーは、確かに効率的に処理ができるとても便利な方法なのですが、こういった専用の機械から出力されるレーザーの力というのは限界が存在します。元々、光やレーザーは光の周波数を利用して脱毛処理を行っていますので、体毛が長い状態になってしまっていると毛根までエネルギーを届けることができなくなってしまうというデメリットが存在するのです。ですから、きちんとエネルギーを届けることができるように対応を揃えて、綺麗な状態にしておく必要があります。特に、エステやサロンで処理を行っていく時には、レーザーと比較してより出力が小さい光脱毛を使わなくてはいけません。光の出力というのは小さいというデメリットがある反面で、広範囲に照射することができるというメリットも存在します。こういった便利なものを効率的に利用するためには、小さな出力の光をきちんと内部まで届けることができるように工夫をしなくてはならないわけです。クリニックで利用するレーザーでは高い出力を使うことができますし、その光の力をより効果的にするためのジェルなども使うことができます。安全面を考慮して、より効率的に処理を行っていけるのがクリニックの利点です。つまり、エステやサロンと異なった方法で処理を進めて行く利点が存在するわけです。反対に、自己処理やエステ、そしてサロンといった場面では自分でこういった体毛の調節をしていかないと本当に綺麗な脱毛処理を進めていくことができません。自己処理を行うときには自分で調節を行っていかなくてはいけませんし、サロンやエステを利用する時も自分で長さを調節するように勧められることがほとんどです。一方で、レーザーを利用する時には医師が必要な状態にまでカットしてくれますので、無駄にいじらないように気をつけなくてはいけません。このように、体毛の長さによって処理の方法や過程は全く違ってきます。理想的な肌を手にいれるためにも、これらの点を理解しておくことがとても大切になるでしょう。

フラッシュ脱毛 , ブラジリアンワックス , レーザー脱毛 , 脱毛時期 , 長さ調節