脱毛マニュアル広場

   

脱毛をして産毛を綺麗にすることは可能?

産毛の処理方法といえばシェービングが多いですが、剃るだけでツルツルになるのは一時的です。すぐに生えてきますから、そのたびに処理をしなくてはいけません。処理回数が増えると肌によくありませんし、何より時間と労力を消費してしまいます。今はシェービングで処理するのもありでしょうが、ずっと継続するのは問題ありでしょう。根本的にムダ毛の悩みを解消するためには、毛根から処理していくしかありません。毛根から処理することは除毛とは呼ばず、脱毛という言葉を使うのが普通です。例えば毛抜きで抜いたり、エステサロンやクリニックで処理したりする方法が該当します。除毛にはないツルツル効果を得られるのがメリットですが、やり方によっては痛みを感じます。強い痛みを感じる方法は継続することが難しく、結果的に失敗に終わることが少なくありません。憧れの美肌を手に入れるためにも、継続性のある方法を選択することがポイントになります。

特に産毛は非常に細いという性質から、毛抜きで抜くという方法は一般的ではありません。毛根を刺激して弱らせることで、減毛していく方法が得策です。それが可能なのがエステサロンであり、光マシンを照射することで弱らせていきます。完全に無毛の状態にはなりませんが、目視でほぼ無毛と言える状態までは薄くなるでしょう。それ以上の効果を期待する人には医療脱毛がおすすめで、どのような方法よりもツルツルにできます。もともとエステもクリニックも産毛の処理は苦手としていましたが、これはメラニン色素に反応するマシンの特性があるからです。黒い部位に反応する性質があるので、ムダ毛が薄くなっていると十分な効果を発揮できません。ゴワゴワしたムダ毛と比べて、産毛は細くて弱々しくなっています。それゆえ脱毛効果自体が弱くなってしまうわけです。

しかし最近のマシンは品質改良がされて、細いムダ毛にも効果を発揮してくれます。バルジ領域に照射するタイプのマシンが登場しており、従来よりも痛みが格段に弱く抑えられています。本来は痛みが弱いほど減毛効果も弱くなるのですが、減毛はしっかりと期待できるので問題はありません。メラニン色素に反応する仕組みのマシンだと、ツルツルを目指すためには限界があります。特にムダ毛の色素が薄いという人は、効果を得られにくい傾向があります。バルジ領域に作用するマシンは刺激がほとんどなく、処理中に温かみを感じる程度です。バチバチした刺激はなく、肌が温かいと感じる程度です。肌質がデリケートでも処理を受けられますので、従来の方法で挫折した人も試してみてください。毛周期に関係なく処理できるのも特徴で、2週間に1回の頻度で受けられるサロンもあるほどです。

産毛を脱毛することで肌はよりツルツルになり、透明感を持つようになるでしょう。くすみが気になり始めてきたら、乾燥を疑ってみる必要があります。肌トラブルの多くは乾燥が招くものですが、乾燥の原因となるのが紫外線とシェービングです。紫外線の照射をいかに抑えるかが、そしてシェービングをしない肌状態に変えていくかが重要です。シェービングは肌乾燥を強力に促進してしまうので、季節を問わずに注意する必要があります。夏場は汗をかくので肌を保湿できると思うかもしれませんが、汗は乾燥する性質を持っています。汗をかくこと自体には保湿作用はあまり期待できないので、季節にかかわらず肌を乾燥させない対策が必要になるわけです。そのためにも産毛の脱毛をして、シェービングが不要な状態にしていきましょう。シェービングいらずの肌はハリや透明感が生まれますし、さまざまな肌トラブルを遠ざけてくれます。慢性的な肌の悩みを抱えている人は、早めにエステやクリニックの脱毛を利用してください。

サロン , シェービング , 産毛 , 脱毛機器