脱毛マニュアル広場

   

脱毛の際の肌の黒ずみへの対策

女性はムダ毛処理を丁寧に行う人が多くなっていますが、間違った方法を選んでしまうと、肌荒れや色素沈着、黒ずみなどが発生する可能性もあります。せっかくムダ毛を処理しても肌トラブルが増えるのは困りますので、肌を傷めない脱毛方法を選ぶことが大切です。
まず、自己処理で特に手軽に行える方法としては、シェービングがあげられます。カミソリは短時間で広い範囲を処理できますが、頻繁に行うことは肌荒れや色素沈着を起こす可能性があります。それゆえ、逆剃りなど肌に負担がかかる行為は避け質の良いカミソリで優しく丁寧に処理していきましょう。より肌への負担を減らすなら電気シェーバーもおすすめです。シェービングのあとの肌はデリケートとなっていますので、保湿もしっかりと行っておきたいところです。
肌に塗布するだけの除毛クリームはより肌に負担が少ないというイメージもありますが、毛を溶かすことができるほどの作用がありますので、肌にはある程度のダメージはあると考えておきたいところです。使用する場合もできるだけ肌に優しいタイプを選び、その後のスキンケアも丁寧に行っておきましょう。
自己処理は安上がりですが、自宅での処理では毛の量を減らすことはできません。せっかく処理してもすぐに生えてきますので、頻繁に行う必要もあります。そして、処理を行えば行うほど肌はダメージを受け、より色素沈着も増えることにもつながります。
肌への負担を減らすのであれば、やはりエステサロンやクリニックによるプロの脱毛を選びたいところです。
プロの施術では安全で丁寧な処理が行われるので、肌へのダメージも抑えることができますし、完成すれば自己処理の手間がなくなりますので、肌への負担が減り、肌がきれいに回復していくことも期待できます。
現在では光やレーザーによる処理が主流となっていますので、肌にダメージが少なく、毛をしっかり処理できますし、通うたびに毛が薄くなるのも嬉しいところです。そして、光やレーザーは黒い色に反応しますので、日焼け肌や色素沈着が強い部分には施術が行えないこともあります。
体で色素沈着が起こりやすい部分としては脇やVIOなどがあげられます。黒ずみが発生する原因としては古い角質が肌の表面に溜まっていることがあげられますし、衣服や下着の刺激で色素沈着が起きてしまう可能性もあります。
こうした部位も毛があるときは肌の黒ずみもあまり目立ちませんが、脱毛して肌の露出が増えることで目立つようになり、気にする人も少なくありません。
そして、色素沈着している部分にレーザーや光を照射できるかは気になるところですが、これはサロンやクリニックのスタッフに判断してもらうことになります。
色素沈着があっても比較的薄い場合は問題なく施術を受けられることもありますし、かなり濃くなっている場合はその部分は避ける可能性もあります。
最近は毛根ではなく、バルジ領域をターゲットにした脱毛機も登場しており、そうした機器であれば、問題なく施術が行えることもあります。複数のマシンを用意しているサロンやクリニックであれば部位別に使い分けてもらうこともできますので相談してみましょう。
そして、脱毛後の色素沈着を目立たなくするには、施術後のスキンケアも大切です。肌が乾燥しているとより黒ずみも発生しやすくなりますので、脱毛後はしっかりと保湿を行っておくことがおすすめです。ターンオーバーの機能を促進することも大切ですのでピーリング効果のある石鹸やローションでのお手入れも考えてみたいところです。
脇やビキニラインの黒ずみには専門の美白コスメもありますので、そうした商品を使ってお手入れしてみるのも良いでしょう。

VIO , クリニック , サロン , シェービング , フラッシュ脱毛 , レーザー脱毛 , 肌トラブル , 肌荒れ , , 脱毛クリーム , 色素沈着 , 電気シェーバー