ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

永久脱毛の効果と施術を受けられない人

最終更新日

脱毛すれば、一生ムダ毛心配がない!?

ムダ毛の脱毛をすれば、日々の手入れをする必要がなくなります。自分でも家庭用の機器やクリームで処理はできますが、より高い効果を求めるならばエステサロンや美容皮膚科など業務用の機器を使うべきです。そこでどこで施術をしてもらおうかと調べれば、医療機関の場合には永久脱毛というプランがあります。言葉通りの意味であれば、施術をしてもらった後は一生ムダ毛の心配をする必要はなくなります。でも、そんな事が本当に可能なのかと言う疑問がわくでしょう。

脱毛の効果に関して

実際に永久に効果が続くのかと言うと、ムダ毛が生えてくることはあります。それなのに、そんな言葉が使われるのはFDA(アメリカ食品医薬品局)が、永久を使ってもいい基準を設けているからです。それによると3回の施術をして半年後に3分の2以上のムダ毛が減毛している状態で、最終的に脱毛を終えてから1ヶ月後に毛が再生する確率が20%以下の状態であることが条件としています。

ですから、医療機関は勝手に永久脱毛という言葉を使って営業をしているわけではありません。そして、このFDAの基準というのは、エステサロンで行われる光脱毛では達成できません。なぜならば、出力の弱い光では、毛根が残ってしまうので、時間が経過すれば以前と同じようにムダ毛が生るからです。

医療脱毛は、毛根を破壊

それに対して医療機関では出力の強い医療用レーザーを照射したり、ニードルを毛穴に差し込んで電流を流すことで毛根を破壊できます。毛根を破壊すれば、基本的に毛が生えてくることはできません。ただ、毛根が破壊したあとにホルモンバランスの乱れなどが起きれば、毛が生えてくることもあります。その可能性がある以上は、一生効果が続くとはいえませんが少なくともFDAの基準についてはクリアできます。

それほどの効果を持つ医療用レーザーやニードルを扱えるのは、医師あるいは医師の指導を受けた看護師だけです。それは毛根を破壊するという行為は、医療行為にあたることが理由です。もし、資格を持たないエステサロンのスタッフが施術をすれば、医師法違反で警察に捕まります。

ということで、永久脱毛は効果が一生涯続くわけではないにしろ、それに近い効果があることは確かです。費用がかかりますが、数ヶ月おきに施術をしてもらうことを考えれば、総額は少ないですし手間も省けます。

脱毛の施術が受けられない人

でも中には施術を受けられない人がいます。そういう人が医療機関に行っても拒否されるので気をつけなければいけません。どんな人が駄目なのかというと、医療用レーザーやニードルの刺激に耐えられない人は難しいでしょう。風邪のような些細な病気から、糖尿病皮膚の疾患なども肌の状態が悪くなっていると医師の判断で断られることがあります。

もしアトピー性皮膚炎などのアレルギーで肌の状態が悪いならば、その治療を先に行い少しでも健康な状態に近づけことで施術ができる可能性が生まれます。アレルギーの人は、ムダ毛の処理をしなくて済むようになれば、肌へのダメージが軽減しますから結果的には多くのメリットを得られます。なので受けられるかどうかわからないのであれば、行く前に諦めるのではなくまずは相談したほうがいいです。

病気ではありませんが、妊娠中の女性もほとんどの医療機関では断られます。それは妊娠によってホルモンバランスが崩れ、肌の状態が悪くなるというだけでなく母体と胎児にどんな影響がでるかわからないからです。もちろん、悪い影響が出るというデータはありませんが、万が一のことを考えるならばやらないほうがよいでしょう。

体が健康でも、入れ墨があったり真っ黒に日焼けしているときも、施術は難しいです。入れ墨や日焼けをしていると医療用レーザーに色素が反応してしまうので火傷の危険性が高くなります。入れ墨だと消すのは難しいでしょうが、日焼けであれば肌の色が元の状態になるまで時間を置かなければいけません。

永久 , 脱毛