ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

どの部位が脱毛の痛みを感じやすいか

最終更新日

ムダ毛の自己処理を自分でカミソリを使って行う場合、ほとんど痛みを感じる事はありません。
そのため痛いのが苦手な人は、サロンなどに行くのが怖いと思うようになり、自己処理を続けているかもしれませんが、カミソリは肌の表面を傷つけながら行うようになる為、肌の為にならない方法です。
痛みを感じる事もないだけではなく、見た目も傷ついたような感じに見えないため、肌にダメージを与えているとは気づきにくいですが、実際には肌にとって良くない方法といえます。
肌を傷つけることなくムダ毛を処理したいのであれば、脱毛サロンに行って施術を受けるほうがいいですが、痛みがあるのではないかと思えば、怖いのは当たり前です。
どのくらいの痛みを感じるのかは、人によって感覚が違うのもあり、いくら友人たちが痛くなかったといっても不安に感じてしまうものかもしれません。
脱毛サロンで行われている光脱毛に関しては、痛くて耐えられないというほどではないと思っておくといいでしょう。
涙が出るほど痛いのであれば途中で辞めなくてはなりませんが、多くの人はそこまで痛いと感じる事はない程度になります。
しかし痛みを感じるかどうかは、毛量や部位によって違いがありますので、どの様な人が感じやすくなっているのでしょうか。
まず毛量が多い人の場合は、それだけレーザーに反応する部分が多くなっているため、痛いと感じる人もいます。
初めて照射をする時には毛量が多いだけではなく、毛も太い状態になっていますので痛いかもしれませんが、それから回数を重ねるごとにあまり感じなくなってきます。
なぜ痛いと感じにくくなってくるのかというと、一度照射をするごとに毛量が減っていくようになり、毛も細くなっていくからです。
毛量が減り毛が細くなれば、それだけレーザーに強い反応を示さなくなっていきますので、初めての時ほど痛くないということになります。
初めての時に痛すぎたからもう我慢できないかもしれないと思ったとしても、回数を重ねるごとに感じにくくなっていくのであれば、完了するまで耐えられるはずです。
部位によって痛いと感じやすいのは、脇やVIO部分になります。
これらの部分に関しては、他の部位よりも濃くて太い毛が密集しているようになる為、他よりも痛いと考えておいたほうがいいでしょう。
Iラインに関していえば、色素沈着の影響が出ていることも原因になります。
色素沈着を起こしている部分というのは、必要以上にレーザーが反応してしまうことがある影響もあります。
他にも、骨に近い部分に関しても、他よりも痛いと感じてしまうかもしれません。
その他の部位に関しては、ちくっとする程度と考えておけばいいですので、あまり怖がりすぎないようにした方がいいでしょう。
どの程度痛いかにもよりますが、声をかけたほうがいいほどの痛みの場合には遠慮なくスタッフに伝えるようにすることです。
何も伝えなければそのまま施術が進んでいく事になり、施術が終わるまで耐え続けなくてはなりません。
それでは辛いだけですので、無理をせずにスタッフにすぐに痛いと伝えるようにした方がいいでしょう。
伝えたからといって何も対応してくれないのも困りますが、レーザーの出力を下げてくれる場合がほとんどです。
レーザーの出力を下げると、脱毛の効果が少し薄れる事になりますが、じっくり時間や回数をかけておこなったほうがいです。
施術方法によっては、肌に塗る冷却ジェルなどを増やすのもいいですので、スタッフとどの方法で対応をしてもらうかを話し合うようにしましょう。
出来るだけ痛くない方法で施術を受けた方が気持ちも楽に受けられるようになりますので、痛い時には痛いと伝える事です。

VIO , サロン , 痛み , 肌トラブル , 色素沈着